×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

1/72 VF-25F メサイアバルキリー アルト機
By ソレイユ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

またまた超時空的に時間掛かってやっとの思いで完成しました〜。
ご存知マクロスフロンティアに登場のVF-25F メサイアです。
とにかくよく出来たキットで【ファイター】【ガウォーク】【バトロイド】のどの形態でもスタイルは文句なしです。
若干足首の可動範囲が狭いので、特にガウォーク時のアクションポーズで「おしぃっ!」って思います(分かる人には分かるはず)w
でも足首だけの改造なら簡単そうなので、どうしてもって人はボールジョイントでも仕込めばいいと思います。
ただし、思いっきり変形で動かすところなので、強度は確保しないと脚が伸ばせなくなったりするかもw

と言うことで製作についてですが、変形して遊ぶと確実に色剥げするので、白の成型色を生かして部分塗装で進めました。
工作としては、パーツを切り取ってゲート処理などの後、一旦組み立てて部分塗装とスミイレ。
デカールを貼り、最後につや消しトップコートで整えています。

塗装について。
■フレーム ダークシーグレーBS381C/640(クレオス)+スーパーブラック(クレオス)少量 を濃淡の差で二種類塗り分け。
■腰パーツの一部や足首の一部、頭頂部ホワイトライン、コクピット内一部などをファンデーションホワイト(フィニッシャーズ)で塗装。
■尾翼など シャインレッド(クレオス)+モンザレッド(クレオス)。
■主翼基部のクリームイエロー 橙色(クレオス)+キャラクターフレッシュ1(クレオス)。
■コクピット フレームに使った色とニュートラルグレー(クレオス)とファンデーションホワイト(フィニッシャーズ)で塗り分け。
■パイロットフィギュア ファンデーションホワイト(フィニッシャーズ)、ダークシーグレーBS381C/640(クレオス)、パープル(クレオス)+コバルトブルー(クレオス)、オレンジ(クレオス)、橙色(クレオス)、コバルトブルー(クレオス)で塗り分け。
■キャノピー クリアレッド(クレオス)+クリアブルー(クレオス)で裏側から薄く塗装後、枠に沿ってマスキングをしておき、サフ吹きの後スーパーブラック(クレオス)で枠を塗っています。
■レーザー機銃 ニュートラルグレー(クレオス)で部分塗装。
■ガンポッド 内部フレームを黒鉄色(クレオス)で塗装。カバーをパープル(クレオス)+コバルトブルー(クレオス)+ニュートラルグレー(クレオス)で塗装後、センサーなどを蛍光グリーン(クレオス)、エナメルのフラットレッド(タミヤ)で塗装。
■コンバット・ナイフ フレームに使ったグレーとニュートラルグレー(クレオス)で柄の部分を塗装。刃の部分はメタルカラーアルミ(クレオス)を塗装後に磨いています。
■ランディングギア ファンデーションホワイト(フィニッシャーズ)で基部を塗り、タイヤをエナメルブラック(タミヤ)、ランディング・タクシーライトをエナメルのフラットレッド(タミヤ)で塗っています。
■機首の一部 ファンデーションホワイト(フィニッシャーズ)を塗った上に、キャノピーで使ったクリアパープルを塗装。
■ノズル(かかと&つま先) カーキ(クレオス)+オリーブドラブ1(クレオス)+フレームに使ったグレーで塗装。
■メインカメラ クリアグリーン(クレオス)。
■スミイレはアクリルブラック(クレオス)とエナメルブラック(タミヤ)を部分で使い分けています。

塗装はエアブラシのほかに、細かなところ(パイロットなど)は筆塗りで行っています。

コクピット内部コンソール部に、手持ちのデカールを貼り付けてディテール表現しています。
最後にマーキングシールや水転写デカールを貼ってからフラットコート(ガイア)で仕上げています。
シールは主に丈夫なマーキングシールを貼りましたが、良く出来ているので厚ぼったさなどもさほどなく、変形などを考えるとこちらがベストだと思い選択しました。

今度は固定の形態で製作してみようかな〜と思ったりするほど良いキットでした!

 

Top Gallery